オナニー電話

彼女から、出会い系してたことがあるって言われた時、ちょっとやっぱり嫌な気持ちになったな。
俺が、一瞬それ聞いて表情固まったもんだから、彼女慌てて「出会い系って言っても、全然会うとかそういうのはなかったよ?せいぜいオナニー電話まで」って言ったんだよ。
え・・・オナニー電話してたのかよってなるじゃん。
出会い系でちょっと引いて、オナニー電話で追い打ちかけられた形になっちゃって。
「彼氏いない時だったし!」ってまた言い訳言ってたけど、彼女をそういうことをする女としてしか見られなくなってしまった。
ここで俺も、気にしてない風に「じゃ、今度オナニー電話してみる?」なんてふざけて言ってみても良かったかもしれないけど、俺、オナニー電話とかしたことないし。
昔の彼女と電話で話し込むことはあったけど、そういうオナニー電話じゃなくて、今度のデートどこに行こうか、みたいな発展的な話だよ。
女性のオナニー
「会社の同僚が○○に行って良かったらしいよ」「じゃ、行ってみようか?車で一時間くらいじゃない?」「あ、ドライブするなら、うちの犬連れて行っていい?」「じゃ途中でピクニックにしようか!」
こんな感じで、ダラダラとずっと電話してたな。
なんか、あの頃楽しかったかもれしない。
俺がそういうキャッキャウフフの楽しい建設的な長電話を楽しんでいた頃、今の彼女は顔も見えない相手とオナニー電話にいそしんでいたわけ。
今さらだけど、そういうお互いの違いに気付いちゃってさ。
やっぱ出会い系する女とかオナニー電話する女とか、俺、ダメかもしれない。
オフパコのやり方
PCMAXを使ってセフレ探し